読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリエリレマ砂漠

にほんごがだめ。

御多分に洩れず駄目。

 

 絵心が無いのに、文章では伝わらないことも図絵を描けば伝わると思っているのが駄目。

 

 御多分に漏れず。これもUNEちゃんから提案していただいた。ほいほい使うぞ。

 デイリーやった記憶がある。たぶん6時くらいに寝たな。今日は寝てばかりでねこすらあつめていないわけだが、久々に夢の内容をしっかり覚えているのでそれを書くことにする。

 

 起きたら15時くらいだったと思う。小学校・高校の同級生と修学旅行に行く夢を見た。出発当日の朝までに旅行の準備が終わらなかった。クラスメイトが外の集合場所に行ってしまった後の真っ暗な教室で、私は半泣きになりながら不貞腐れた顔で鞄に荷物を詰めていた。他にも準備が終わっていない子がちらほらいた。

 修学旅行に際して提出しなければいけない課題があったのだが、当然それも終わっていなかった。小6時の担任の先生が、当時贔屓にしてた子の課題をたいそう念入りにチェックしてあげていた。

 グラウンドでバス乗車が始まってしまって、準備は途中だったが慌てて外に出た。しかし自分のクラスのバスには乗れず、他のクラスのバスに乗せてもらうことになってしまった。陰鬱な気持ちで他のクラスの待機列に並んだところで、目が覚めた。

 まるで今の私みたいだぁ(直喩) もろもろ間に合わず(笑)、みんなと一緒に卒業というバスに乗れない。心臓が痛む。

 

 次に起きたら19時だった。この二度寝でも個人的に恐ろしくも痛快な夢を見たので、あの手この手で図などを交えつつ説明したが、いまいち伝わらなくて悲しかった。

 

 今はPちゃんと喋りながらぼーっとウェブ漫画を読んでいる。しばらく確認していなかったらいろいろと更新されていて嬉しい。