読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリエリレマ砂漠

にほんごがだめ。

駄目だけど駄目じゃない。

 

 いともたやすく手のひらを返すのが駄目。

 

 ついに3日以上日にちをあけてしまった。4日分まとめて書く。

 3月4日は、いつもどおり明け方に寝て翌日5日の2時頃に目が覚めました。ので、日記は更新できませんでした。

 5日は、次の日6時半に起きる予定があったので、用心に用心を重ねて16時に寝ました。記憶が確かなら、この日は5-4ボスで鶯丸をドロップした気がする。またひとつ図鑑が埋まった。

 

 

 6日。しまむらくんとぺんぎんちゃんとうみのちゃんと、東京ディスニーリゾートに行くのであった。私は人生初ディズニーである。前々からちょいちょいディズニーランドに行こうと誘われていたのだが、私は頑なに拒んでいた。「やだよ~(へらへら)」とかではなく、「絶対行かねえ(眉間にしわ)」くらいの拒み様だった。列に並ぶのが壮絶に苦手なのです。人が多い所も苦手だし、ワイワイキャッキャした空気も苦手。だのに何故ディズニーランドに行かねばならんのだという気持ちだった。

 しかしまあ、ぺんぎんちゃんからディスニーランドの話を聞いて、グッズなどを眺めていたらなんとなく「じゃあ行こっか」みたいな気持ちになってきた。なんなんだ。

 

 前日早々に寝たおかげで5時前に目が覚めた。よかった。のんびり風呂入って、実家から送られてきた餅を食べて家を出た。待ち合わせに遅刻しないことがないゴミカスなので、今回は早め早めに動いた。9時集合だったが、20分前に待ち合わせ場所に着いた。驚異の早さだ。

制服JKやかわいいお団子頭したおねーちゃんたち、全身ディズニーグッズの家族が大量に通り過ぎて行った。とんでもないところに来てしまったという気持ちと寒さでガクガク震えていた。

 みんな揃ったところで、ランドとシーどちらに行くか話し合った結果、ディズニーシーの方に行くことになった。何がどう違うのかわからなかったので、以降すべての予定を3人にお任せした。

 

 シーに行くため、モノレールに乗った。ミッキーの形の窓の電車がホームに入って来てめちゃくちゃテンションが上がってしまった。つり革もミッキー。BGMはディズニー。窓からなんか火山みたいなの見える。すごい。これが夢の国か。

 ここから何を見ても「えっ何これすごい」と言う機械になっていた。

 

 中に入ってすぐのところにドナルドがいた。ディズニー来た感出てきた。ぺんぎんちゃんが地図広げて待ち時間を確認して「100分待ち」とか「ファストパス」とかよくわからない言語を発していたのでくらくらしてきた。

 最初に乗ったアトラクションはボートにのってぐるぐるするやつ。思いのほか揺さぶられたので、びっくりしてまともな日本語が喋れなくなっていた。

 

 ズンドコズンドコしててワニが出てるショー(名前忘れた)を見て、マーメイドラグーン。コーヒーカップみたいなやつに乗った。名前は忘れた。ぺんぎんちゃんが「子供だましだよ~」(?)とか言ってたので油断していたが、とんでもないスピード感があって手叩いて笑ってしまった。ディズニーのアトラクションはかわいい見た目してがんがん揺さぶってくる。

 ここのショップで、ぺんぎんちゃんとうみのちゃんが浮かれ耳(キャラクターカチューシャ)を買っていた。うみのちゃんのミニーリボンかわいかった。浮かれ耳は厳しいなと感じた私であったが、欲しかったアースラのフード付きマフラーを発見即購入即着用し、浮かれるに至った。ヴィランズの中ではアースラが一番好き。スカーとハデスも好き。

しまむらは頑なに浮かれ耳を拒んだので、ぺんぎんちゃんにダッフィーのポップコーンケースを託されていた。ポップコーンおじさんだ。

 

 アトラクションも結構乗れた。レイジングスピリッツは眼鏡を外さねばならなかった。城見える!とか言われて目を凝らしたが、何も見えねえ。コースター系は眼鏡だと不利ですね。

 ストームライダーは一番好きかもしれない。乗っている間ずっとにやにやしていた。

 タワー・オブ・テラーは一番怖かったと思う。フワッとなるやつは苦手だ。日が暮れていたので、夜景がきれいに見えた。案内してくれたキャストのおにいさんがかわいかった。

 

 タワー・オブ・テラー出て亀と喋ってから、魔法使いの弟子ミッキーのショーを見る。ずっと、おお!ああー!すげー!とか言ってた。花火上がりまくり。アースラもジーニーも出てきたので嬉しい。

 ショーを見終わってから、急いでインディ・ジョーンズのアトラクションに向かった。1時間半待ち。最後だし並ぶ。引き籠りで運動不足なので腰が限界に近付いていた。露骨に口数が少なくなっていたと思う。並んでる時は意識が朦朧としていたのであまり覚えていないが、たぶん声のトーンも低かった。申し訳ない。許してくれ。

 この日一番揺さぶられた。変な笑いが出た。アトラクションをよたよた降りて出口に向かっていたら、途中の階段でこけた。こけたというか脚ががくっとなって立てなくなった。帰りのエスカレーターでも同じようにこけた。脛を強かに打ち付けた。目が覚めた。

 

 帰りは結構雨が降っていた。傘は持っていなかったが、蛮族なので傘などなくても平気だ。帰宅してから完全に気が抜けたのか、ベッドに上がる梯子を踏み外した。ベッドに上がってから玄関の電気を消し忘れたことに気付き、降りる時にも踏み外した。さすがにちょっと運動しないといけないのではないだろうか。

 

 全部書いたら大変なことになりそうだったので半分くらい端折った。本当はいろいろと写真を上げたかったのだが、やばいすごいと感動するのに精いっぱいでほとんど写真が取れていなかった。

 列に並ぶのも、待ち時間みんなで喋ってたら苦でなかったですね。列並ぶのがどうのとか言わず、もっと早く来ておけばよかった。「あんなに嫌がってたくせにお前が一番浮かれてる」みたいなことをかなり早い段階で言われた気がするが、楽しかったもんは楽しかったのだから仕方ない。食べ歩きしたりみんなで写真撮ってもらったり、本当に楽しかったです。誘ってくれたぺんぎんちゃん、うみのちゃんしまむらくんありがとうございました。

 

 

 ちなみに今日は何もしてないです。何もしたくないです。丸1日くらい寝ているだろうと予想していたが、11時に目が覚めてしまった。欠伸が止まらない。ごろごろしながら3DSの擦れ違いチェックだ。